<< チケットとれましたぁ | main | ミュージックフェア21@ミッチー♪ >>

理想論

ニヒリズムに入ってるバージョンはこれよりももっとアップテンポだけど、
聞いているうちにこっちのスローなバージョンの方がよくなってくるのは
耳がマニアックになってきたんでしょうか?w

モラリティーもそうなんだけど、この曲もずいぶん自信満々な曲だなー。


またある意味で自信満々だと思うのが対照的に描かれてる
この曲に出てくるオネーチャンで。
こういう頭とオシリが軽そうなオネーチャンっていうのは
何だかんだ言って男の人は好きなんだよなぁ(笑)
最終的には飽きるか疲れるかしてポイされる
もしくは2時間ドラマだったら殺されるんだけど(笑)

でもなんで需要があるかっつーと本能で生きてる魅力ってのが
あるんじゃないかなーと、勝手に思ってます。

そんでもって本能で生きてる生き物に
理屈を覚えさせようとしたってそうも行かず、
それがますます魅力として描かれてるのがこの曲なんじゃないかと思います。
うん。
| 【及川光博】ミッチーレビュー@理想論 | 14:51 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
わにゃさん!こんばんは〜
明日のMフェアが待ち遠しい中、
大好きな「理想論」にくぎづけで、飛びつきました(笑)

歌詞もファンクなリズム♪いいですよね。
「茜色の唇」って表現が美しいなと。
中身が伴わないお姉ちゃんにでもこんな表現しちゃうんだ。
でもでも、「そんなんじゃ嫌われちゃう」で
ビシっと線をひくのが男らしい〜!
これが現実さって見せ付けるのがいいわ!なんてね。
美学つらぬく意欲があふれてます。

この自信は、ミッチーじゃないとでてこないでしょう。
その辺の男に言われたら、ケリいれてますか...(爆)

本能機能してこその、理想論かしら?
などなど、多方面で想像できちゃいます。
色々考えられるこの歌、
ただただ、大好きなんですけどねぇ♪
CDリピート率高いですよ。

2005/10/07 10:42 PM, from mimi
おひさしぶり〜
そですねー、ミッチーの詩は哲学的な堅苦しい言葉が全体的に多い中、
純粋に美しい言葉がきらっと入ってるのが割と特長のような気がします。

ちなみに、私は「そんなんじゃ嫌われるんじゃない?僕に」は
「もうどうしてもコイツにわからせる言葉思いつかないよ;;これくらい言えばちょっとは目が覚めるかな;;;」
と変換されてます(笑)
人によっていろんな見方があって楽しいですねぇ。
(だから人のレビュー見るの好きなんだけど、あんまりないんですよねぇ。だから自分で書いてるわけですが。。)
2005/10/12 4:07 PM, from わにゃベイベー@管理人
私も、ミッチーの歌のレビューって
あまりないと感じてました。
わにゃさんのご意見、楽しく拝見させていただいてます♪
これからもチラチラと、過去の歌のお話プログに
コメントしちゃいますね!

Mフェアのミッチーは素敵でした☆
わにゃさんは、郷さんの歌番組出演しまくり時代は
ご存知ないでしょうね...(爆)
2005/10/12 8:21 PM, from mimi









Trackback
url: http://blog.keika.net/trackback/201147

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM