<< おまいは… | main | もうすぐ会報が来るわぁ >>

不真面目な女神

仕事をしながら久しぶりに理想論を聞いてみたら
思いのほかこの曲が気に入ってリピートしてる。(現在形)

ミッチーがデビュー10周年って事は10年ぐらい前のアルバムって事になるんだろうけど。
なんとなく全体的に90年代初頭って感じのサウンドではあるし、
今に比べると歌もまだまだへたくそなんだけど、
このアルバムは結構聴き応えがあるとおもう。

いや、いろんなアーティストにいえる事で、
実際、シカオも大好きでアルバムを全部持っているけれど、
一枚目は技術・完成度はともかく勢いというか濃密な感じがする。
一枚目のアルバムってモノは何故か決して飽きないのだ。

好きで読んでる音楽マンガの中で、
デビューの時にしかないものの奇跡を熱く語る
プロデューサーのシーンがあるんだけど、
きっと同じような事を言いたいんじゃないだろうかとふと思ってみたり。

んで、ワルイコトシタイやら求めすぎてる?僕。やら死んでもいいなんかの
代表曲がごろごろあって若干埋もれ気味な感のあるこの曲だけど、
この後のミッチー的キラキラソング系の基礎と言えなくもなく、
なかなか、なかなかお気に入りな曲なのである。

余談ですが、続・不真面目な女神はミス・アバンチュールってトコでしょうかね〜?
| 【及川光博】ミッチーレビュー@理想論 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.keika.net/trackback/151399

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM