<< 純愛 | main | 恋愛中毒 >>

ラヴソング

アルバムでの構成もあるのでしょうが、
ずいぶんエンディングチックな曲調だなーと思いました。

どうやって生きていくかっていうのは
ミッチーの最大のテーマなんじゃないかと思ってるんですが、
それが「ココロノヤミ」のように心との自問自答だったり、
何を信じていいのかわからない世の中だったりと対象はかわっていきますが。

ミッチーとしてはそれはすごく大切な事だから、
作品を通してベイベーたちにも同じように深く考えて欲しい、
そしてつらい時には僕が守るよって言いたいのだと思うけど、

…桃色クラブや恋のヒゲキの楽しいミッチーへと
簡単に流されてしまう底の浅い私がいますよー;;;;orz
| 【及川光博】ミッチーレビュー@ヒカリモノ | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.keika.net/trackback/106329

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM